SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

海外SEO/多言語サイトSEO

 

global-seo海外に展開している会社は多言語のウェブサイトを構築しなくてはいけません。

日本語版、英語版、フランス語版、タイ語版などを一つのURLでまとめてディレクトリ階層で分けているサイトのパターンやそれぞれの地域ごとにサブドメインを取りドメインごと分けているパターンがあります。

それぞれSEO対策で気をつけなくてはいけない点が違います。複数の国や言語にWEBサイトを対応させることは難しい作業です。Googleにもガイドラインがあるので必ず一読しましょう。多言語サイトで大事なことは、Googleにそれぞれのページで扱っている言語を適切に伝えられるようにすることです。

Googleのサイト言語把握方法

サイトがターゲットにしている国を Google が把握できれば、この情報を使用して各国の検索結果の品質を向上させることができます。通常、Google では以下の 要素を使用して、ウェブサイトがターゲットにしている国を判断します。

  1. 国別コード トップレベル ドメイン名(ccTLDs)・・・・・これらのドメイン名は特定の国に結び付けられているため(例: .de はドイツ、.cn は中国)、ユーザーと検索エンジンは、サイトが特定の国をターゲットにしていることが認識できます。
  2. 地域ターゲティングの設定 ・・・・・Search Console の国によるターゲット設定ツールを使用(サイトで複数の国をターゲティングしている場合はこのツールは不可)して認識させる。
  3. サーバーの場所(サーバーの IP アドレスを使用)・・・・・サーバーはユーザーの近くにあると想定すると、サーバーの場所はサイトのターゲット ユーザーの場所と考えられます。しかし、サーバーの場所は信頼性の高い情報ではありません。
  4. その他の情報・・・・・Googleマイビジネスの利用や、サイトに記載のある住所、電話番号、使用されている言語から判断します。

メリットとデメリットSEOに関するメリットデメリットをあげますと、独自ドメイン(ccTLD)はドメインの評価が分散されてしまうという短所があります。一方でリスクが分散されるという長所 があります。

たとえばアルゴリズムのアップデートによって1つのドメインがペナルティを受けてしまっても、1つのドメインですとすべての国が影響を受けてしまいますが、それぞれの言語でドメインを分け ていれば、その国のサイトだけペナルティになり他は影響を受けません。

多言語サイトはサブドメインで作るかサブディレクトリがいいのか

サブドメイン

結論を先に言うと、正解はなく、サイトの運用形態に合わせて使い分ける必要があります。実際に、弊社が担当した大手企業のサイトでもサブディレクトリで構築されたサイトもありましたし、サブドメインで構築されたケースもありました。

サブドメインはルートドメインとは独立したドメインと判断されます。 サブディレクトリは、そのドメインのインデックス数などのメリットをそのまま享受できる可能性が高いため、「1ドメイン、複数サブディレクトリ」 の方がより一般的なようです。

ただしサブドメインの方が適している場合もあるため、 ケースバイケースで判断することが重要です。

多言語サイトで実際にやらなければいけない事

  1. 重複コンテンツを避ける・・・rel="canonical" というページの評価を1つに統一する ために、Googleが推奨しているタグを設定する必要があります。
  2. 専用のタグで対象国を知らせる・・・ rel="alternate" hreflang="x" というタグを 使うことで、同じ言語を使っているが、対象としている国が違う場合状態をGoogle に知らせることができます。
  3.  Googleマイビジネスに住所を登録する
  4. rel=”alternate” hreflang=”x”というアノテーションタグをヘッダーに記述することで、 検索結果に各言語・地域ごとに合ったページを表示することができます。国際化ドメイン名<IDN>を参照します。
  • 日本<link rel="alternate" href="http://example.com/" hreflang="ja">
  • アメリカ<link rel="alternate" href="http://example.com/america/" hreflang="en-us">
  • フランス<link rel="alternate" href="http://example.com/france/" hreflang="fr">など

料金|契約期間1年|月額50万円(税抜)

キーワード難易度によって月額料金は異なります。6ヶ月分前金でお支払いいただきます。詳細金額は別途お見積りいたします。

SEO申込

SEO対策の東京SEOコンサルタントTOPへ戻る

更新日:

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2018 All Rights Reserved.