SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

Uncategorized

ユーザーへの配慮

更新日:

ユーザービリティやユーザーセンターのデザイン、アクセシビリティというような考え方は、ホームページ作成時のコンセプトを設計や設定という段階で組み込まれているべきと言えるでしょう。しかし、こういった観点は、設定していなかったとしても、より閲覧者のことを考えたサイト作成を行っている場合、自然と機能している場合もあると言えるでしょう。もし、作成途中までこのような点に対して何の配慮ができていなかったと気づいた場合には、その時点できちんと修正をかけていくようにすると良いでしょう。例えばサイト内の配色や、記事の文字サイズ設定というものであれば即座に対応できると言えるでしょう。他にも、例えば閲覧者が障害を有している方だった場合といった時を考え、音声読み上げソフトなどの導入といったことも検討するべきと言えるでしょう。また、テストとデバック同様、通信環境やコンピュータが違うという場合にもきちんと動作が行われるかどうかという点や、見落としがちな知的財産権の管理や情報倫理といったものへの対応などを整えておくということも、閲覧者への大切な配慮であると言えるでしょう。もちろんコンテンツ自体においても配慮がなされているべきとは言えますが、それ以外の部分こそ、見落としがちな点や配慮しておくべき点は多いと言えるでしょう。最終的なチェックの段階で、大きくデザインを変更しなければならないということにならないよう、できるだけサイトを作成する準備の段階やコンセプトメイキングといった段階で考えられることが望ましいでしょう。最悪、設計の段階や素材の制作途中といった場合であっても、その段階でチェックを行えるかどうかは重要と言えるでしょう。

-Uncategorized

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.