SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

Uncategorized

スマホの利用を見据えて

更新日:

最近は若者を中心にスマートフォンでウェブの閲覧を済ませる人が増えています。PCでの閲覧を想定して制作されたサイトはスマートフォンで正常に表示されない可能性があるため、多くの若者を排除してしまっているかもしれません。ですからモバイルに対応したサイトの制作が増えているわけですが、SEOの観点でより細かく、モバイルでの閲覧を想定した施策を打っていく必要があります。具体的には、モバイルファーストインデックスに対応したSEOが求められます。モバイルファーストインデックスはグーグルのスマホ重視を象徴する仕様であり、スマホで快適に閲覧できるサイトが評価される傾向を示しています。つまりモバイルフレンドリーなサイトを作るだけで効果的なSEOになるのです。とはいえ、モバイル端末を介してもコンテンツ自体は変わりません。閲覧し易いだけでなく、コンテンツの質も高いことが大切です。ではコンテンツ対策はどのようなパッケージで行うべきなのでしょうか。結論から言えば、コンテンツとリンク付けの両輪で進めるのが堅実です。リンク付けは旧来の方法をベースとして、テキストに内部リンクと外部リンクを張ります。関連記事があれば、そこへのリンクも張りましょう。またアンカーポイントにリンクを張るのも有用です。ではコンテンツ対策はどうすればよいのでしょうか。まずは独自性の強い記事を重視し、そのページの改善に乗り出します。スマホでの閲覧を想定して1カラムに変えるのも良いでしょう。そうすればコンテンツを目立たせることが出来ます。間違ってもコンテンツの見た目を邪魔するようなリンクは張らないように気を付けます。以前はフッターやメニューにもリンクが張られていたのですが、今ではその効果は弱まっているため、コンテンツ内のリンクのみで構いません。

-Uncategorized

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.