SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

SEOニュース

サイトへの流入比率

更新日:

検索エンジンからのアクセスは30%が目安といわれています。
コンサルティングの現場で、「検索工ンジンからの来訪比率ってどのくらいがいいんですかという質問があります。サイトによってア クセスの状況は大きく違うので、平均値はあまり意昧がありません。あえて 1つの目安ということなら、検索エンジンからの来訪比 率が全体の 30%が目安だといえます。50%がノーリフアラー(お気に入りやURLを直接入力などのリンク元がないアクセスで、 30%が検索エンジン、 20%がその他の参照元という 5 : 3 : 2 という比率です。 検索工ンジンは、Yahoo JAPAN 、Google 、その他が 5: 4 : 1という数字を基準にするといいでしょう 。
最近の傾向としては検索エンジンの比率は30% よりも大きい ケースも増えています。これは、ページをお気に入りに登録する代わりに毎回検索エンジンを使うユーザーが増えてきたためかもしれません。リピ ーターが多いサイトほど傾向が強くなります。
アクセス数の多いサイ トでも、 徹底的にSEO対策をしたあとはアクセスの 70 ~ 80%が検索エンジン経由、という状態になる場合もあります。 その逆に、 SEOを行ったのに検索エンジンからの来訪比率が20%もいかないという場合もあります。

SEO申込

SEO対策の東京SEOコンサルタントTOPへ戻る

 

 

-SEOニュース

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2019 All Rights Reserved.