SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

SEOニュース

URLの表記

更新日:

1つのサイトでwwwありとなしではgoogleに別のサイトとしてインデックスされてしまいます。SEO対策では、これを統一しなくてはなりません。これは、google search consoleから簡単にできますが、コーディングで行う方法もあります。

canonicalを使います。

<link rel=”canonical” href=”http://www.sample.jp”>

www.ありに統一

canonicalをよく使うケースとして、以下のような場合があります。

・wwwありなし、両方でアクセスできる場合
・スマホサイト・PCサイトでURLが違う場合
・重複ページがある場合
・HTTPSを優先表示させたい場合

 

wwwありとなしのドメインでは被リンクも別カウントです。またインデックスも別カウントなのでパワーが分散してしまいます。必ず1つに統一しましょう。

SEO申込

SEO対策の東京SEOコンサルタントTOPへ戻る

 

-SEOニュース

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.