SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

SEOニュース

Googleキーワードプランナー

更新日:

SEO対策のサイト全体のキーワードを絞り込めたらGoogle キーワードプランナーを利用してそのキーワードの詳細な情報を調べてみましょう。各キーワードの月間検索件数を出すことができます。

GoogleアカウントにログインしGoogle キーワードプランナーにアクセスして、
「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。入力欄に、調べたいキーワードを入力します。キーワードが 2つ以上ある場合はそれぞれ改行して入力を行います。
ツールでは、関連性の高いキーワードや、検索の多い キーワードが表示されます。その中から、サイトのア クセスやコンバージョンを高めるキーワードを選ぶ必要があります。自分のサイトの内容、ターゲットをよ く考え、キーワードを選びましょう。

競合性についてですが、キーワードに対して、他のサイトとどの程度競合しているかが「高」「中」「低」で表示されます。競合性は、当然低いほうが有利です。
まずは「競合性」が低いもので、かつ「月間平均検索ボリューム」の多いものがあるかどうか探してみましょう。すべて高いものがあれば、キーワードの有力候補です。そのキーワードが会社として使用可能かどうか、ターゲットとして使えるかどうかを検討してください。もし会社の目的に合わないようなら、会社のサービス内容に合ったキーワードを一覧の中から探してください。月間検索件数が多ければ競合が多く存在していて少なければアクセス数が少ないのでその中間を選ぶのも一つの戦略です。

SEO申込

SEO対策の東京SEOコンサルタントTOPへ戻る

-SEOニュース

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2020 All Rights Reserved.