SEO対策の東京SEOコンサルタント

現在のSEO対策はアルゴリズムのアップデートとGoogleの技術進化で小手先のテクニックだけで検索上位表示ができなくなりました。真剣にサイト運営に取り組まなくてはもはや検索結果で1ページ以内に入る事はおろかすぐに順位下落してしまいます。

SEOニュース

競合サイト分析

更新日:

SEO対策を始めるときは競合サイト分析をしなければなりません。
自分の会社のサイトを分析したら、次に同業者、ライバル会社のサイトを調べてみま しょう。これには 2つのステッブがあります。ライバル会社のサイトのページで右クリックをして、「ソースの表示Jを選択します。 表示されるソースコードの meta name="keywords"と titleの部分を見てみましょう。同業者、ライバル会社がもし SEO対策をしていれば、ターゲッ卜となるキーワード、が入っているはずです。
参考にするポイン卜としては、例えば、ライバル会社のサービス内容・サイト内容などがあなたの会社のサイトとかなり似ているようであれば、そのライバルサイトと同じキーワードを使うというのも 1つの手段です。また逆に、ライバル会社との競合を避けるために、あえてそのキーワードを使わないという考え方もできます。次に、自分の会社のキーワード候補で検索した場合に、どんな競合サイトが表示されるかを調べてみましょう。いくつかの検索エンジンで入力して、自分の会社の業務、サービスに近いサイトが表示されれば、そのキーワードで検索しているユーザーのニーズと、自分の会社の内容がマッチしていることになります。結果、そのキーワードは有力候補となります。反対に、関係ないサイトが多数出てくるようであれば、そのキーワードの
使用を避けたほうがよいかもしれません。

-SEOニュース

Copyright© SEO対策の東京SEOコンサルタント , 2019 All Rights Reserved.